Unicode Standard と JIS X 4051 との比較: 文字幅(2)

| トラックバック(0)
実際のフォントとの比較をしてみる。

表4 UAX#11と 実際のフォントとの比較 (暫定版) を作った。

  • EM 幅の半分に対する比で幅を示す。
    • Kochi Gothic の U+03C2 GREEK SMALL LETTER FINAL SIGMA は幅が 17/16 になるが、 単なる誤りと思われるので 1 に修正した (従って表に現れない)。
  • 次の文字について実際のフォントでの幅を測定した:
    • East Asian Width が "A" のもの (PUA にあってフォントにグリフへのマッピングのないものは略した)。
    • East Asian Width が "Na"、"H"、"N" のいずれかだがフォントによっては幅が 1 にならないもの。
    • East Asian Width が "W"、"F" のいずれかだがフォントによっては幅が 2 にならないもの (これはないかも)。
    • East Asian Width が不明だがフォントにグリフへのマッピングが存在するもの。

やっぱり混沌に近い。少し見えてきた。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hatuka.nezumi.nu/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/25

このブログ記事について

このページは、Hatuka*nezumiが2006年5月 8日 21:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Unicode Standard と JIS X 4051 との比較: 文字幅(1)」です。

次のブログ記事は「Unicode Standard と JIS X 4051 との比較: 行分割(3) ぶら下げ処理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。