2006年2月アーカイブ

check_sender_ns_access

| コメント(0) | トラックバック(0)
  1. つぎつぎと新たなドメインを取得してアドレスを変えてくるので、check_sender_access ではらちがあかない。 check_client_accessで制限することに。
  2. class C アドレスブロックまるごとつかってIPアドレスを変えてくるので、IPアドレスひとつひとつ書いていたのではらちがあかない。 アドレスブロックごと制限することに。
  3. つぎつぎと新たな class C アドレスブロックを取得してIPアドレスもドメインも変えてくるので、 アドレスブロックを追加していってもいたちごっこ (続き参照)。
  4. 各メールドメインをホストする name servers はごく限られているので、 この NS を落とす...のは大変なので、check_sender_ns_access を使う。
  5. つぎつぎと新たな DNS を立ててくる...かどうかは今後の見物。

このアーカイブについて

このページには、2006年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年12月です。

次のアーカイブは2006年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。